令和3年度 2月・3月

2022年2月1日

あと2か月たらずで、年長組さんは卒園式です。

入園式ではお母さんのひざの上で抱っこされて、不安そうにしていたり、泣いていたりしていた子ども達。または座っていることができなくて立ち上がったり、歩き回っていた子ども達が、卒園式では証書授与の時間には、名前をよばれたら大きな声で元気よく返事ができ、みんなでお祝いの気持ちを込めて拍手を友達に贈り、式に集中します。約40分間のセレモニーを行うこと、3年前の入園当初には、できなかったことばかりです。

子どもが、進学に向け、期待と意欲を持って進んでいくためには、「ぼくは大丈夫。私は大丈夫』という自分に対する自信が必要です。これは、「こんなことが、できるようになった」『こんなに大きくなった』と子どもが自分の成長を感じることで得られる自信です。卒園式ができたという自信は、小学校での新生活をスタートさせるのに、なにものにも変えがたいものになることでしょう。

今年の卒園式でも立派に成長した姿を保護者の皆様に見ていただけると思っています。そして幼稚園としても安心して小学校へ送り出す事ができそうです。又、友達と遊べる子に育てるのが、園の役割のひとつです。友達と協力したり、相談したり出来る子は、小学校で困ったことがあっても、きっと助け合って乗り越えられることと思います。

子どもを育てることは、長い時間をかけてじっくり育てていく苗木のようなものです。お日様にあてたり、水をあげたり、たまには栄養もあげて。倒れそうになったら添え木をする、枝葉をいっぱい増やし、幹がくねくねまがってきたら、まがったまま伸びないように方向を正す。風が吹いても倒れないまっすぐな太い幹になるようにいつも、様子をみて愛情をかける。

子育ても、同じかと思います。子ども自身が持っている伸びる力を信じ、いつも様子をみて、必要なときに手を差し伸べる。必要としてない時は、見守る。親は子どもが安心して羽ばたいていけるよりどころになっていけたら、子どもはどんどん伸びていけると思います。

 

令和3年度 1月

2022年1月5日

みつる幼稚園の主活動には「ワーク」をつかって遊ぶ時間があります。

年少さんはクレパスで、年中さんは色鉛筆で、年長さんは鉛筆で取り組みます。
上手にできたかどうかではなく、先生たちは「持ち方(握り方)」「姿勢」「筆圧」を確認しながら声をかけています。

入園当初は腕全体でクレパスを動かしていた子たちも、ワークで遊びながら徐々に手首で動かすようになり、曲線や直角などの線に対応していけるようになっていきます。

「線をなぞっているだけ」「迷路をしているだけ」「色を塗っているだけ」のようにみえますが、鉛筆を使用して文字を書くための前段階として大事な遊びです。

ご家庭でもお絵描きしている時に、「持ち方(握り方)」「姿勢」「筆圧」「手首の動き」など着目してお声がけしてみてもよいかと思います。

ただし、子どもにとって楽しいことが絶対条件です。「トレーニング」にならないようにお気を付けくださいね。

令和3年度 12月・1月

2021年12月1日

もうすぐ12月。今年もはやいもので一年が終わろうとしています。みつる幼稚園では12月に「おもちつき」をします。「もち米」から「おもち」になる様子を体験します。年の瀬の大掃除をします。新年を迎えるにあたり、子どもたちも楽しく、師走気分を経験します。

お手伝いの好きなこどもたちは、園での毎日の生活の中で、お当番さんとして、先生のお手伝いをします。

責任を持つことや、大人やお友達から認められることは、とてもうれしいことです。ご家庭でも、「手伝いたい!」というようなことはありませんか? 大人の仕事に、関心を持ちだしたら、いっしょに始めてみてはいかがですか?。大人の真似をしながら、仕事には手順があることを知ります。また失敗をしながら次は失敗しないようにすることを学びます。丁寧に扱わないとこわれる物があることも発見します。大人の仕事を真似することで、物事を学び、そのまなびかたを体得し役割にも気づいていきます。子どもが、役目を果たしたとき、大人の「ありがとう」のことばは、もっと手伝いたいという気持ちが高まり、できることが、どんどんひろがっていきます。ご家庭で、お手伝いをしたいと言い始めたら、チャンスをいかしてできることを増やしていきませんか?

ところで、皆さんはクリスマスプレゼントをどのように決めていますか?

「子どもの欲しい物をプレゼントする」? 「子どもにあげたいプレゼントをする」?

近年のおもちゃは「子どもが一人で遊べるおもちゃ」が人気傾向らしいです。お母さんにとって「掃除」「洗濯」「ゴミだし」「ご飯の準備」「洗い物」などなど毎日は大変忙しく、できれば子どもが一人で遊んでくれていると助かるからではないかなと思われます。これからクリスマスや年末年始を迎え「家族」「親戚で過ごす時間」が、普段よりは多くなります。パパやママが家族で一緒に遊びたいおもちゃを、子どもにプレゼントしてみるというのいかがでしょうか?

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

トップへ