子育てだよりの一覧

子育てだより 10月・11月

2017年10月1日

朝夕は肌寒く感じる季節がやってきました。木々の葉の紅葉ももうすぐ始まります。一方で一日の寒暖の差が激しくなり風邪をひきやすい季節でもあります。冬に向けて風邪に負けない丈夫な体作りを心掛けたいものです。

さて、みつる幼稚園では季節ごとに幼稚園バスで近くの公園に出かけて、自然の中で過ごすグリーンスクールを行っています。秋のグリーンスクールでは自然をたっぷり満喫し、秋を見つけて自然に親しむことをねらいとし、芝生の上で遊んだり、ドングリを拾ったり、お弁当を食べて過ごします。拾ったドングリはクラスで植木鉢に植えてみんなで育て、芽が出ることを楽しみに春まで過ごします。

現代の情報社会では、子ども達の知識は豊富です。ドングリの種類や、紅葉のしくみ、虫の種類や生息域などなど…でも、実際に様々な種類のドングリを見つけたことはなかったり、知っている虫を見たことはなかったり、触ることが苦手だったり…と、知識と実態が一致しない子が多いのではないでしょうか。知識が豊富なのはすばらしいことです。あとは経験や体験はさらに加わればさらに豊かな心が育ってくれると思います。木の葉の色の違いや、形の違い、木の実の大きさの違いを実際に体験したり、虫を見つけて驚いたり、図鑑で覚えたドングリを発見して宝物を見つけたかのように喜んだり、そんな驚きや喜びを大切にしていきたいと考えています。

自分の目で見て、触って感じた実体験から疑問や知識は体に染みついて、将来忘れることのない知識へとつながると思います。ご家庭でも秋の自然を見つけにお子様と公園などで過ごす機会を作ってみてはいかがでしょうか?

みつる幼稚園 主  任 大島裕子
みつる幼稚園 主任補佐 杉原由紀

子育てだより 8月・9月

2017年8月1日

小さな自立心の育ち
年長クラスが、7月末に幼稚園でお泊り保育を経験しました。
毎年のことですが、はじめて、パパやママから離れてお泊まりする子どもが多くいます。「友達と一緒だから大丈夫だよ」「担任の先生と一緒だから大丈夫だよ」「いつも通っている幼稚園だから大丈夫だよ、安心してね」パパやママに励まされて、お泊りセットを持って登園してきましたが、きっと内心では不安や緊張していたことと思います。それでもお泊りを終えて、お迎えにきたママに“がんばったね”と褒めてもらい満足そうでうれしそうな表情を見ていると、きっと小さな自信が育ってくれた瞬間かなと思います。
お泊り保育中の子ども達の様子を見ると、日頃から、お家で自分のことは自分でするようになっている子、まだまだ、色々とママに助けてもらっている子と様々です。日ごろから身支度等、自分のことは自分でできるように、少しずつ言葉がけていくことも子どもたちの自立を促すための大切な大人の役割ですね。もちろんあせらず個々のペースで。また早寝、早起き、朝ごはん。大変だとは思いますが、毎日、毎日の繰り返しで生活リズムが出来ていきます。まずは何か一つ意識してお子様に働きかけてみてはいかがでしょうか。

みつる幼稚園 主  任 大島 裕子
名古屋市私立幼稚園協会 幼児教育相談員認定
みつる幼稚園 主任補佐 杉原 由紀

子育てだより 6月・7月

2017年6月1日

~絵本よんで!

子どもたちは絵本が大好きです。
特に、大好きな大人に読んでもらうと大喜び。

さまざまな絵本の世界は、芸術・文化・風習・伝承などいろいろなジャンルに興味・関心が広がり、豊かな心が育っていくきっかけとなるかと思います。

低年齢のお子様には言葉のリズムのおもしろさを、繰り返し楽しめる絵本などがおすすめですね。意味がわからなくても、耳にきこえる音のおもしろさが、魅力的に感じると思います。繰り返し絵本を読んでもらうことで、だんだん絵本が好きになり、自然に絵本の世界の絵と言葉がむすびついてきます。

幼稚園の子ども達も、担任の先生に絵本や紙芝居を読んでもらっているときの表情は真剣そのものです。年齢に応じた絵本のチョイスはしていますが、・年齢に対してすこし難しめのお話でも、子ども達は空想したり、想像したりしながら、自ら考え、理解しようと集中しています。それがいずれ、絵本の世界だけでなく、考える力、理解しようとする力につながるのではないかと思います。

テレビ・DVD、インターネットなどが普及している今だからこそ、あえてご家庭でも、親子で少し絵本を読む時間を作ってみてはいかがですか?

みつる幼稚園 主  任 大島 裕子
名古屋市私立幼稚園協会 幼児教育相談員認定
みつる幼稚園 主任補佐 杉原 由紀

子育てだより 4月・5月

2017年4月4日

~ あそぼ! ~

今年度も3歳児さんが入園され、明日からの登園がとても楽しみです。元気な子、よくおしゃべりする子、慎重な子、ままと離れて不安な子、それぞれのこどもたちが、その子なりのペースで幼稚園に慣れていってくれればいいと考えています。どの子も丸ごと受け止めて、幼稚園が楽しくなってくれるように言葉がけをしていきます。チームワークのいい教員たちは、わくわくして待っています。室内又は園庭で、自由に遊ぶ時間があります。入園後、はじめは一人で遊んでいることが多いのですが、ちらちらとほかの子どもの遊ぶ様子をみたり、みていたあそびをまねしたりします。互いに無関係ではなく、意識して刺激しあっているのがわかります。その後、慣れてくると、2~3人の少人数で遊び始めます。一人で遊ぶより発想が豊かになり、その方がおもしろいことに気付きます。そして、好きな子とは一緒にいたがるようになります。

けれど、遊んでいれば、楽しいことばかりではなく、使いたいおもちゃが使えなかったり、好きな子がいなくなったりと、悲しいことや思い通りにならないことがおこります。このときにその悲しみや悔しさを一緒に受け止めてくれる人が存在することで、子どもは悲しみ悔しさを忘れることができます。なぐさめられ励まされることで、又遊び始めます。一緒に受け止めてくれる人は、パパやママ。幼稚園では教員です。パパやママは、「悲しかったね・いやだったね」とそのときのお子様の気持ちを言葉で表して、同じ気持ちになってなぐさめてあげるといいかと思います。パパ・ママはわかってくれている!と安心して気分を変えやすくなります。困ったことがあった時、安心してもどれる心のよりどころが、パパやママです。パパやママに愛されているとお子様が感じていると、安心して一歩前に踏み出せる勇気、やる気にもつながります。たとえ、うまくいかなくても、よくがんばったね、とパパやママが受け止めてくれると次もやってみようと意欲的になっていくと思います。

幼稚園では、子ども同士のトラブルがあった時、まず、子どもの気持ちを受けとめた後、お友達と楽しく遊ぶためには、ルールがあることや、相手の気持ちに気づいていけるように、教員がかかわっていきます。日々、子育てに喜びや楽しみをたくさん感じておられると思います。けれど、笑顔でいられないことも時にはあるでしょう。大切なお子様です。この時期にしか味わえない子育てのしあわせを感じて、可愛がって愛情いっぱいで育てていきましょう。

みつる幼稚園 主  任 大島 裕子
みつる幼稚園 主任補佐 杉原 由紀 (公社)名古屋市私立幼稚園協会 幼児教育相談員

 

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

トップへ