子育てだよりの一覧

12月・1月

2018年12月1日

12月です。今年もはやいもので一年が終わろうとしています。みつる幼稚園では新年を迎えるにあたり、大掃除を行い、子どもたちも掃除をし楽しく、師走気分を経験します。毎日の園生活の中で、お当番さんとして、先生のお手伝いをします。お手伝いさんの責任を持つことや、大人やお友達から認められることは、とてもうれしいことです。ご家庭でも、「手伝いたい!」というようなことはありませんか?

大人の仕事に、関心を持ちだしたら、いっしょに始めてみてはいかがですか?。大人の真似をしながら、仕事には手順があることを知ります。また失敗をしながら次は失敗しないようにすることを学びます。丁寧に扱わないとこわれる物があることも発見します。大人の仕事を真似することで、物事を学び、そのまなびかたを体得し役割にも気づいていきます。子どもが、役目を果たしたとき、大人の「ありがとう」のことばは、もっと手伝いたいという気持ちが高まり、できることが、どんどんひろがっていきます。ご家庭で、お手伝いをしたいと言い始めたら、チャンスをいかしてできることを増やしていきませんか?

ところで、皆さんはクリスマスプレゼントをどのように決めていますか?「子どもの欲しい物をプレゼントする」? 「子どもにあげたいプレゼントをする」?近年のおもちゃは「子どもが一人で遊べるおもちゃ」が人気傾向らしいです。お母さんにとって「掃除」「洗濯」「ゴミだし」「ご飯の準備」「洗い物」などなど毎日は大変忙しく、できれば子どもが一人で遊んでくれていると助かるからではないかと思われます。これからクリスマスや年末年始を迎え「家族」「親戚で過ごす時間」が、普段よりは多くなります。パパやママが家族で一緒に遊びたいおもちゃを、子どもにプレゼントしてみるというのもいかがでしょうか?

主任 大島裕子

10月・11月

2018年10月1日

今年度も次年度の入園願書配布や願書受付の時期となりました。園にはたくさんの方が親子で、来ていただいて楽しい雰囲気です。毎年この時期は園えらびで悩んでみえるパパやママが多いかとおもいます。まず幼稚園に行かれて、見て・聞いて・感じて決めていただくようにおすすめしています。園舎を見て、園庭を見て、保育室を見て、先生を見て、園の様子を聞いて、園の雰囲気を感じるには、行ってみてはじめてわかります。どんな子どもになってほしいか? 子どもにあっていそうな幼稚園は? 園の姿勢に賛同できるか? 雰囲気が好きかどうか? 安心して預けられそうか?いろいろな園を見て、じっくり考え、納得した上で決めてあげて欲しいと思います。納得して決めた幼稚園であれば、子どもがよりよく成長していくために子育てについて、幼稚園とパパとママとの協力体制が早くでき、又園との信頼関係もしっかり築けます。パパやママ、幼稚園、まわりの大人たちで、子どもの成長を暖かく見守っていきたいものです。

毎年、就労体験で中学生が幼稚園に来る機会があります。第一声は、必ず、「机や椅子って、こんなに小さかったかな?」との言葉。懐かしそうで、どこか成長した自分に誇らしげな表情で話す子どもたちを見て、嬉しく思います。成長した後の子どもたちにとって、幼稚園は彼らの思い出に残っている最初の思いで場所の一つになっていると思います。子ども達にとって卒園後に、「楽しかった」「幸せだった」という思い出の場所になるような幼稚園えらびをして頂きたいと思います。本園でも、園庭開放や親子ルームを実施して、入園前に幼稚園に遊びに来て頂く機会を出来る限り作っていますので、公園や児童館へ遊びに行く感覚でお気軽に遊びに来て下さい。

主任 大島裕子

8月 9月

2018年8月1日

連日、猛暑がつづいています。このころはお風呂上りかと思うぐらい髪が汗でぐっしょりの子ども達をみかけます。汗を出して体温調節をしているので、汗をかくことは大事なこと。汗をかくことで汗腺がしっかり発達するということなので、汗っかきはいいことなのです。汗っかきさんたちには、水分を充分とって遊んでほしいです。
けれど、この炎天下での外遊びは熱中症も心配です。ご家庭では、クーラー、扇風機を上手に利用しながら思いっきり遊び、汗をかいて体作りをしていきましょう。

園では、暑い夏を乗り切るのに、プールで遊んだり、お庭で遊ぶ時間を制限や、危険な暑さの時は中止し、室内でも水分補給をしながら遊んでいます。保育室のクーラーも利用して熱中症にならないように、子ども達に無理のないように気をつけています。又、元気そうにみえても、暑さで体は思ったより疲れています。ゆったりと過ごせるような時間を作る配慮をしています。

夏といえば、子ども達は水あそびが大好きです。園庭に設置されるプールでは、水あそびを楽しみます。体を冷やすプールは気持ちのよいものです。遊んでいるうちに、顔に水がかかったり、水にもぐったりして水に慣れていきます。園庭からは、毎回子ども達の歓声が聞こえています。水慣れの程度は個人差が大きく、それぞれの子どもがそれぞれにレベルアップすればよいと考えているので、園では他の子どもとは比較しません。子ども自身の成長を認めて、ほめていきます。

こどもの成長には個人差があります。ご家庭でも、いろいろな場面、分野で、他の子との比較ではなく、本人の成長を認めていただければ良いと思います。

みつる幼稚園 主任 大島 裕子

6月・7月

2018年6月1日

ほめることの大切さを、毎日子ども達と接していると感じます。できるようになったら「よくがんばったね」とほめることの他に、できなくても頑張った過程を褒める。すぐやめてしまっても頑張ろうと思った気持ちを褒める。ほめられ、認められると、嬉しい気持ちになります。嬉しい気持ちになることは、とても大切だと感じます。

「よくできたね。」の他にも、「今度はできるよ」「きっとできるようになるよ」とお子様の気持ちを支えてあげられる言葉はあります。この世の中で一番大好きな「パパ」や「ママ」がほめてくれる言葉は、お子様にとっては、このうえもなく嬉しく、いつも、パパやママは認めてくれると安心感や満足感をもちます。

言葉が未発達な小さなお子様は、手をつなぐ、手を握る、抱きしめるなどのスキンシップも安心感や満足感を得られると思います。スキンシップは大人から子どもへの気持ちがつたわりやすいので、子どもの心が不安定なときは、パパやママに触れられると気持ちも落ち着つくと思います。多くの愛情を注ぐことで子どもたちの心を育てていきましょう。

みつる幼稚園 主任 大島裕子

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

トップへ