子育てだよりの一覧

令和5年 10月・11月

2023年10月5日

みつる幼稚園の主活動には「ワーク」をつかって遊ぶ時間があります。

年少さんはクレパスで、年中さんは色鉛筆で、年長さんは鉛筆で取り組んでいます。活動の「ねらい」は上手にできたかどうかではなく、「持ち方(握り方)」「姿勢」「筆圧」を確認しながら声をかけています。

入園当初はいろいろな握り方で持っていたり、腕全体でクレパスを動かしていた子たちも、ワークで遊びながら、正しい持ち方や手首で動かすようになっていき、曲線や直角などの線にも徐々に対応していけるようになっていきます。「線をなぞっているだけ」「迷路をしているだけ」「色を塗っているだけ」のようにみえますが、クレパス➡色鉛筆➡鉛筆と段階的に取り組んでを文字を書くための前段階として大事な遊び時間と考えています。

ご家庭でもお子様がお絵描きしている時に、「持ち方(握り方)」「姿勢」「筆圧」「手首の動き」などに着目してお声がけしてみてもよいかと思います。

でも、子どもにとって楽しいことが絶対条件です。「トレーニング」にならないようにお気を付けくださいね。

令和5年 8月・9月

2023年8月1日

9月になると次年度の願書配布が始まります。

この時期は園えらびで悩んでみえるパパやママが多いかとおもいます。まず幼稚園に行かれて、見て・聞いて・感じて決めていただくようにおすすめしています。園舎を見て、園庭を見て、保育室を見て、先生を見て、園の様子を聞いて、園の雰囲気を感じるには、行ってみてはじめてわかります。どんな子どもになってほしいか? 子どもにあっていそうな幼稚園は? 園の姿勢に賛同できるか? 雰囲気が好きかどうか? 安心して預けられそうか? いろいろな園を見て、じっくり考え、納得した上で決めてあげて欲しいと思います。納得して決めた幼稚園であれば、子どもがよりよく成長していくために子育てについて、幼稚園とパパママとの協力体制ができ、園との信頼関係もしっかり築けます。入園後はパパママ、幼稚園、まわりの大人たちで子どもの成長を暖かく見守っていきたいものです。

毎年、就労体験で中学生・高校生が幼稚園に来る機会があります。「机や椅子って、こんなに小さかったかな?」との言葉。懐かしそうで、どこか成長した自分に誇らしげな表情で話す子どもたちを見て嬉しく思います。成長後の子どもたちにとって、幼稚園は彼らの思い出に残っている最初の思いで場所の一つになっていると思います。子ども達にとって卒園後に、「楽しかった」「幸せだった」という思い出の場所になるような幼稚園えらびをして頂きたいと思います。

2024年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

トップへ