令和4年 10月

2022年10月1日

「パパ!一緒に遊ぼうよ」「ママと一緒に遊びたい!」などなど、お休みの日に子ども達からの遊びのお誘いを受けることは多々あると思います。幼稚園入園前も卒園後も、変わらないことだと思います。
「パパとキャッチボールをしたい!」「ママ!お絵描き一緒にお手紙書こう!」などのお誘い。親としては、この誘い、興味が今をきっかけに「キャッチボールを上達させたい」「文字の正しい書き方を教えたい」などの気持ちも多少なりとも湧いてくるものですね。
でも、一緒に遊びを始める前に、少し立ち止まって、どんな気持ちから「一緒に●●しよう!」と誘ってきたのかを、想像してみることも良いかと思います。
もしかしたら、「パパとただ一緒に楽しく過ごしたい」「ママと一緒に楽しみたい」だけかもしれません。一方で、「上手になりたい」「もっと知りたい」と思っているかもしれません。
「鍛えたい大人と、楽しく過ごしたい子ども」、「楽しく過ごしたい大人と、上手になりたい子ども」のように意思疎通ができていないと、子どもの中で「そんなつもりではなかった」「もうやめたい」「つまらない」となってしまかもしれません。
幼稚園でも先生は同じことです。自由遊び時間等で「先生!見て!見て!」の言葉の中には、「アドバイスを求めているのだろうか」「できたことを見て欲しいだけ(褒めて欲しいだけ)のだろうか」など、その時の表情、口調などの様子、それまでにその子が過ごしてきた経緯や性格などから想像して対応を心がけています。
子ども達の言葉の中に隠れている気持ちを「表情」「それまでの直近の出来事」など「子どもの発した言葉」の経緯・背景を想像しながら一緒に遊ぶと、きっとお互いに充実した時間になるかと思います。
でもでも、なかなか難しいことです… 何度もチャレンジです。(^^)/

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

トップへ