10月・11月

2018年10月1日

今年度も次年度の入園願書配布や願書受付の時期となりました。園にはたくさんの方が親子で、来ていただいて楽しい雰囲気です。毎年この時期は園えらびで悩んでみえるパパやママが多いかとおもいます。まず幼稚園に行かれて、見て・聞いて・感じて決めていただくようにおすすめしています。園舎を見て、園庭を見て、保育室を見て、先生を見て、園の様子を聞いて、園の雰囲気を感じるには、行ってみてはじめてわかります。どんな子どもになってほしいか? 子どもにあっていそうな幼稚園は? 園の姿勢に賛同できるか? 雰囲気が好きかどうか? 安心して預けられそうか?いろいろな園を見て、じっくり考え、納得した上で決めてあげて欲しいと思います。納得して決めた幼稚園であれば、子どもがよりよく成長していくために子育てについて、幼稚園とパパとママとの協力体制が早くでき、又園との信頼関係もしっかり築けます。パパやママ、幼稚園、まわりの大人たちで、子どもの成長を暖かく見守っていきたいものです。

毎年、就労体験で中学生が幼稚園に来る機会があります。第一声は、必ず、「机や椅子って、こんなに小さかったかな?」との言葉。懐かしそうで、どこか成長した自分に誇らしげな表情で話す子どもたちを見て、嬉しく思います。成長した後の子どもたちにとって、幼稚園は彼らの思い出に残っている最初の思いで場所の一つになっていると思います。子ども達にとって卒園後に、「楽しかった」「幸せだった」という思い出の場所になるような幼稚園えらびをして頂きたいと思います。本園でも、園庭開放や親子ルームを実施して、入園前に幼稚園に遊びに来て頂く機会を出来る限り作っていますので、公園や児童館へ遊びに行く感覚でお気軽に遊びに来て下さい。

主任 大島裕子

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

トップへ